♡ YOGA LIFE ♡ 〜Kateのヨガライフ〜

ヨガと美術館とお昼寝LOVE♥心はいまもNew YorkerなKateが、ヨガの経験・ヨガの魅力・ヨガのオススメ情報をつづるヨガ初心者にもわかりやすいYoga Blog

ヨガの【準備】(グッズ、服装)

初めてのヨガ!持ち物、服装、注意点は?楽しいよ。心配ないさ~♪

ヨガ、初心者、持ち物、服装、初めて

初めてヨガのクラスに行ってみたい、という方のために、持ち物、服装、注意点をまとめてみました。

ヨガはすっかり、健康に対する意識の高い人を中心に、ライフスタイルとして定着した印象です。
『ティファニーで朝食を』の舞台、ニューヨークでもヨガは大人気で、ヨガスタジオがたくさんあります。

ただ、「趣味はヨガです」と言うと、ヨガって難しそう…とか、いったいどういう感じなの…?など漠然とした疑問や不安を耳にすることも多いです。
ヨガスタジオ、学校、ジム、コミュニティーセンター、屋外ヨガ、などいろいろな場所でクラスに参加してきたわたしが、初めての人向けのポイントをまとめてみました。

Sponsored Link
 

持ち物:あなたと飲み物

いきなり結論ですが、身ひとつでヨガのクラスに行けばなんとかなります。
とりあえず、行ってみましょう。

いろいろなヨガのタイプがありますが、運動であることは共通していますので、水分補給は大切です。
お水などの飲み物も持って行くと安心でしょう。
(先生によっては、ヨガのクラス中と終了後30分程度は、水分を取らないようにという人もいました。大多数の先生は、水分補給も含めて自分のペースで、という指示をされます。)

あればヨガマット、タオル

自分のヨガマットがあると、便利です。衛生面からも安心ですね。
ヨガマットではなくても、ストレッチや筋トレ用などのマットがうちにあれば、持参してもOK。
ヨガスタジオや体育館などで、貸し出ししている場合も多いので、マットを持参する必要があるか問い合わせみてもいいかもしれません。

マットレンタルがない場所では、初めての人にはヨガマットか、なければタオル持参で、という教室もよく見かけます。
続けるかわからないので、マットを買うのはちょっと…という時はタオルでもいいですね。
ただ、体育館の床など硬い場所にタオルを引いて寝そべったりするのは、少し痛いかもしれないので注意が必要です。

服装:動きやすい格好

ヨガの服装って何?というときは、ランニングに行くような格好で行けばOKというイメージです。
Tシャツにストレッチができる動きやすいボトムスで。

トップスは丈が長いと安心

ひとつ心がけるとすれば、背中が見えないようなトップスを、ということです。
前かがみになったり、仰向けに寝そべって脚を天井に向けたり、上級者は逆立ちのようなポーズをしたり、背中が見えそうになるポーズが意外と出てきます。

Tシャツの下にタンクトップやキャミソールを着ておいたり、
丈の長いトップスを着用すると、安心してヨガに集中出来るでしょう。

上に羽織るパーカや、タオルなどを持っていると、
最後に仰向けに寝そべってリラックスするシャヴァサナという時間に重宝します。寒がりな人は重ね着できる服も持って行くとベターです♪

Sponsored Link
 

注意点:マナー良く

最後に、とにかく行ってしまえばなんとかなるヨガクラスですが、当たり前のマナーは守りたいものです。

まず、開始時間の15分前には到着するようにしてましょう。特に、初めての場合、書類の記入や先生からの説明などがあるかもしれません。
クラスの最初に、集中を高める時間があることも多いので、遅刻はしないように。

混んでいる時などは、他の生徒さんとの距離が近いこともあります。
香りの強い香水などは避け、お互いに気持ち良くヨガができるように心がけましょう。

教室への入退室時は、「こんにちは。お願いします。」「ありがとうございました。」などの挨拶も忘れずに。
初めてのクラスに入る時に、挨拶をしながら入っていくと、緊張も少しほぐれますしね。

あまり難しく考えずに、気軽にヨガに挑戦してみてください。
ヨガが終わった後は、心身ともに軽く無駄なものが削ぎ落とされたスッキリした感覚に出会えますよ。

Sponsored Link

-ヨガの【準備】(グッズ、服装)