♡ YOGA LIFE ♡ 〜Kateのヨガライフ〜

ヨガと美術館とお昼寝LOVE♥心はいまもNew YorkerなKateが、ヨガの経験・ヨガの魅力・ヨガのオススメ情報をつづるヨガ初心者にもわかりやすいYoga Blog

ヨガの【クラス】(レッスン、ポーズ)

ヨガの山のポーズのやり方|NYの先生に習った基礎を絵で徹底解説

ヨガの山のポーズやり方を絵を使い、詳しく説明しちゃいます!簡単そうで実は奥が深いのが、このMountain Pose(マウンテンポーズ)です。山のポーズの大切さを教えてくれたのは、ニューヨークのヨガスタジオを経営する先生でした。

なんと!ニューヨークで取った、当時のメモが残っていました!わたしのこのヨガノートを使って、山のポーズのコツをわかりやすく解説しちゃいます♪

ヨガ未経験者の方も、ご安心ください!奥は深いですが、シンプルなポーズですよ!

Sponsored Link
 

ヨガの『山のポーズ』とは:またの名をMountain Pose(マウンテン ポーズ)、Tadasana(タダーサナ、ターダ・アーサナ)

このポーズは、サンスクリット語で、「Tadasana」といいます。
日本語では、タダーサナ、ターダ・アーサナ、と表記することが多いようです。

サンスクリットで"tada"とは、「山」のことです。
英語では「Mountain Pose」
日本語では「山のポーズ」
ちなみに、サンスクリットで、「Samasthitih」(サマスティティ)とも呼びます。
"sama"は、「真っ直ぐな、上を向いた、バランスの取れた」"sthitih"は「立つ、とどまる」を意味します。
もう名前どんだけあるの〜って感じですよね笑

先生によって、クラス中のポーズ名の言い方がいろいろです。

サンスクリット語と日本語、「タダーサナ、山のポーズ」
日本語と英語、「山のポーズ、Mountain Pose」
日本語のみ、「山のポーズ」
もしくは、「マットの上の方に立って〜(説明)」だけ
とか。

山のポーズの効果には主に、

  • 姿勢を改善する
  • 体幹を鍛える
     などがあります♪

そんな、山のポーズとはどんなポーズなのでしょう?

下の絵を見てください!

Sponsored Link
 

ヨガの『山のポーズ』とは:ただ立つだけじゃない!やり方のコツいろいろ

じゃーーーん!

ヨガ、山のポーズ、とは、Mountain Pose、マウンテンポーズ、tadasana、タダーサナ、ターダ・アーサナ、やり方、写真、解説、図解、初心者、わかりやすく、簡単

…立つだけ!??

違います!!!

順番に、コツを見ていきましょう!

  • 両足をつけて立ちます。
  • 指と指の間を開いて、リラックスさせます。
  • 足のアーチ(土踏まず)を意識して、足の裏に均等に体重がかかるように。

    (両膝はつけて立ちますが、気持〜〜ち(数センチ)離しても構いません。
     両足の間も、数センチから10センチくらい空けて立ってもOK!)

  • 姿勢良く、高く、長くなります笑
    頭頂部を天井から吊るされているイメージで
  • 頭は肩のラインのすぐ上くるように
    顎を突き出したり、引きすぎたりしないように
  • 肩はリラックスして下ろした状態
    肩甲骨を下げる感じ
  • 腹筋は軽くしめて
  • 両腕は、体の脇にそえ、45度外側に向けます
  • 手の指はまっすぐ

まとめると、
体の中心軸を意識して、
背筋を伸ばして、
真っ直ぐに立つ!

これがマウンテンポーズです!

*秘密のコツ*
中指で鎖骨に軽く触れ、鎖骨から肩のラインをなぞるようにして、
両手を体の横に下ろします。
すると、手をを45度外側に開き、さらに姿勢良く胸をやや開いた感じが
簡単に実感できますよ♪

ヨガの『山のポーズ』とは:マスターするといろんなポーズに応用できます

ヨガの木のポーズ、意外と注意点が多いことがお分かりいただけましたでしょうか?

ヨガ教室では、ほかの立って行うポーズ(立位のポーズ)に移行する準備として、行うことが多いです。山のポーズに時間をかけて練習する機会は、少ないかもしれません。

山のポーズのコツを、無意識に行えるくらいマスターすると、より複雑なポーズを行う際にも役立ちますよ☆
(画像のメモのイラストの下に、"Use the essence of tadasana in other asanas (poses/postures)"とありますよね。
 「山のポーズのエッセンスを、他のアーサナ(ヨガのポーズや姿勢)に使おう!」という意味です。)

例えば、木のポーズがなかなかうまくできない、という方!
まずは、山のポーズでしっかりと両足で立てるようになると、片足立ちの木のポーズでも、バランスが取りやすくなっていきます。

バスケでドリブルなどの基礎をみっちり練習すると、ほかの動作も素早く的確になってくるのと似ています(^_^)
(スラムダンクみたいな発言ですが笑 ご自分と馴染みのあるスポーツや技能に置き換えてみてください♪)

 

山のポーズだけで練習する場合は、30秒くらい呼吸を楽にして、
マットに立ってみてください。

では、Namaste〜♪

Sponsored Link

-ヨガの【クラス】(レッスン、ポーズ)