♡ YOGA LIFE ♡ 〜Kateのヨガライフ〜

ヨガと美術館とお昼寝LOVE♥心はいまもNew YorkerなKateが、ヨガの経験・ヨガの魅力・ヨガのオススメ情報をつづるヨガ初心者にもわかりやすいYoga Blog

ヨガの【知識】(お役立ち情報)

英語ヨガレッスンを受けるには?事前に知っておくべき英単語2つ!

英語でヨガクラスを受けるとき、絶対に知っておきたい英単語2語と、乗りきるためのコツをご紹介します!

海外でヨガレッスンを取るときや、日本で英語のクラスを受ける前に、ぜひチェックしてみてくださいね♪

ヨガ的サバイバルイングリッシュ!

Sponsored Link
 

英語のヨガクラス:絶対必要な英語は「吸って」「吐いて」の2単語でOK!!

ヨガ、英語、レッスン、英単語、ヨガの英語、語彙、覚えるべき、知っておきたい、コツ、初心者、わかりやすく、簡単、Yoga in English、vocabulary、

ではさっそく!
English de Yogaに必要な英単語2つを大発表です(^o^)

ででーーーーん!

 

Drum roll please...?

 

どぅるるるるるるるるん

 

じゃん!!!

 

1.息を吸うInhale (インヘール)

2.息を吐く = Exhale (エクスヘール)

…以上。おしまい。

 

これが本当に最低限
サバイバル・ヨガ・イングリッシュ(survival yoga English)です!!

 

ヨガの最も大切な要素は呼吸と言われています。

ヨガポーズのどのタイミングで吸って、どのタイミングで吐くのか、
これだけは押さえておきたいです!
あとは、大抵のことはなんとかなります!!

バリエーションとして、

(深く)息を吸う = "(Deep) breath IN."
        (デープ ブリース イン)

(深く)息を吐く = "(Deep) breath OUT."
        (ディープ ブリース アウト)

などと言う時もあります。

INで吸って、
OUTで吐く。

INhaleで吸って、
EXhaleで吐く。

簡単ですよね☆

これで、スノボでいう転び方を覚えた状態です♪
滑り出してOKです!
(スノボしたことないのでイメージで言っちゃいました…)

英語のヨガクラス:覚えるべきはポーズの名前と太陽礼拝の流れ

とはいえ、それだけじゃ…不安だよ、というあなたにオススメなことがあります。

それは、ポーズの名前と形を覚えること

ポーズを取るための動作の説明は
英語でも様々な表現ができるので、予習や予想が難しいです。

それに比べて、ポーズの名前は、覚えておくと、
そのポーズをさっと取ることができます。

英語かサンスクリット語のどちらか(できればどちらも)を
覚えておけば、今から何をするのかわからなーい、という心配が解決されます!

 

ポーズの名前って、メジャーなもの以外は、
わたしもうろ覚えのものも、実はたくさんあります。

そこで、もうひとつ英語ヨガの事前準備として、オススメな考え方はこちらです。

習うより慣れろ!
考えるな感じろ!

つまり、
太陽礼拝の流れを練習して、体で覚えておく
ことです。

太陽礼拝は、必ずと言っていいほど、
どんなヨガ教室でも行う基本の動きです。

慣れると簡単ですし、ヨガ人生で何回も行うことになりますので、
いやでも覚えてしまいます。

この動きが体に刻まれていると、
英語でのヨガという慣れない環境でも、
英語の説明がよくわからなくても、
自然に動きの多いレッスンにもついていくことができるはずです♪

Sponsored Link
 

英語のヨガクラス:YouTube動画で予習するといいかも♪

英語でヨガすると、どんな感じが、事前におうちで練習していくと安心かも!

というわけで、わたしがおすすめするYouTube動画はいつも、

タラ・スタイルズ(Tara Stiles)さん!
英語うんぬんではなく、
とにかく美人でスタイルがいい先生なので、
やる気が出ますよ!!

 

他にも『yoga beginner』とかで検索すると、た〜くさん動画が出てきます。

比較的再生数が多くて、長すぎないものを試しにクリックしてみて、
お気に入りを見つけてください☆

最後に:ヨガはインド発祥、世界共通!

さて、ヨガ教室を英語で受ける前に、知っておきたい英語の言葉と、英語以外に予習しておくといいことをお伝えしました〜(^o^)

最後に、コツ(?)をお伝えします。

運動と音楽のいいところは、言葉の壁がないところ☆

そう、よくわからなかったら
先生や周りの人を見て、真似すればいいのです!笑

太陽礼拝も、実はいろいろバリエーションがあったりするので、
あれ!?ちょっと違う…ってことも十分にありえます。

そんなときは、先生や前の人や横の人を見よう!

アメリカでわたしがあるヨガレッスンを受けたとき、
クラス全体に対する先生の指示はこうでした。

「これからやるポーズ、お手本をするので、
 まずはやらないで、見ててね〜!」

最初から皆と一緒にポーズを取ろうとせずに、
先生の動きを見てから、
実際に動いてみてもいいんです!

あせらずに参加しましょう!

あなたが、英語圏でヨガクラスを受けるとしても、
日本でYoga in Englishのレッスンに参加するにしても、
楽しんでヨガを練習することができますように☆

Wishing you the best of luck!
きっとうまくいくから、がんばって!

それでは、Namaste〜♪

Sponsored Link

-ヨガの【知識】(お役立ち情報)